ペトログラフのお話

ペトログラフあるいはロックアート。
文字を持たない先人たちが、
自分たちの足跡を残すのに、
岩を削って色々な絵を描き残しています。

最初に私の興味を引いたのは、
エジプトの象形文字でした。
ピエログラフは、
漢字のように「音」と「訓」があり、
つなげて描くと文字の働きがありますが、
ペトログラフはちがいます。

ネイティヴアメリカンの文化を知ると、
エジプト文明のように発達はしなくても、
あとから来る者に伝える情報は、
ペトログラフで充分だったのでしょう。

それは、
ポリネシア人がハワイに渡った時も同じだったようで、
ハワイの島々にもペトログラフが残されています。

ハワイアングッズに「ロコペリ」というのがあるのはご存知ですか?

ネイティヴアメリカンのホピ族の精霊(カチナ)に「ココペリ」と呼ばれているものがありますが、
豊穣の神として親しまれています。

これは、10年以上前にデザインしたココペリのマットです。

そして虹を渡ってハワイに辿り着いたココペリが、
「ロコペリ」として人気が根付いたようです。
以前リバースアップリケでデザインしたロコペリとペトログラフですが、

久しぶりに作り直してみようと思います。

Barba工房

手作りでお困りの皆さまの役に立ちたい! 手作りのものを持つ喜びを知って欲しい! そんな想いでお助けBarbaの【Barba工房】を立ち上げました。 仕立てに関する様々なご要望にお応えできるよう 「お仕立て屋さん」 「出張お仕立てレッスン」 「入園グッズオーダーメイド」 3つのサービスをご用意して皆さまの手作りをサポートいたします。

0コメント

  • 1000 / 1000