工房でのお仕立てレッスン

今日はマンツーマンでお仕立てレッスンです。
スクエアバッグのお仕立てで、
先ずは、
材料の生地が必要な大きさであるか確認していただき、
作業手順の全体像を
だいたい頭に入れていただきました。

なぜかというと、
作業を説明書のはじから始めると、
自分が何をしているかわからなくなるからです。
それがカットミスにもつながることが多々ある事なので、
それを防ぐ為に、ひと通り読んでいただいてから作業開始です。
ご自宅ではなかなか50cm以上の生地を広げることができないのが、
工房では大判のカッターマットもあるし、
大きな生地をひろげてラインを書くことができます。
各パーツのカットが終り縫い合わせまで進みました。

今日のポイントは、
底が別仕立ての場合の本体側面と底との縫い合わせのコツと、
タブの作り方のコツ。

チョット知っているだけで、
作業時間の短縮や仕上がりが綺麗になり、
気持ちよく持ち歩くことができるようになります。

次回は、
リュックに挑戦です。


Barba工房

手作りでお困りの皆さまの役に立ちたい! 手作りのものを持つ喜びを知って欲しい! そんな想いでお助けBarbaの【Barba工房】を立ち上げました。 仕立てに関する様々なご要望にお応えできるよう 「お仕立て屋さん」 「出張お仕立てレッスン」 「入園グッズオーダーメイド」 3つのサービスをご用意して皆さまの手作りをサポートいたします。

0コメント

  • 1000 / 1000